ロゴ

刀剣買取ノココロエ

The wedding ceremony is not that good It costs a lot of money.
I can not recommend it

刀剣の種類によって、買取価値が決まるわけではありません




刀剣の価値とは

刀と言われて思い浮かぶのは時代劇でもお馴染みの長い刀。いわゆる太刀や、それよりも短い脇差と呼ばれるものでしょう。それらは、往来からあるイメージ通りのいかにも刀剣といった風情がありますから、人気も高いと思われるでしょう。 ですが、刀剣をよく知る方の中では、短刀も根強い人気があるのです。

それは刀剣の価値が、刃の長い短いからなる種類が判断基準ではなく、作られた年代や刃文や地金の優劣、銘などの様々な要素によって定められるからなのです。

つまり、短刀であろうとも刀剣そのものが持つ価値が高ければ、それはすなわち名刀と呼ばれる一品となるのです。 よくわからないまま個人の遺産として刀剣を譲り受けられた方の中には、短い刀だから価値もなく、売りに出しても二束三文だろうとハナから諦めている方がいますが、とてももったいないことです。

適切に管理していかないとすぐに錆が出て価値が下がってしまうのが刀剣というものですから、ご興味があって、大事に維持していこうという意思のある方が所有するならばよいコレクションのひとつではありますが、そうではない場合、維持に負担がかかるだけでその価値を年々そこなっていくばかりとなってしまいます。

そうなってしまう前に、どんな刀剣でも一度、買取のご相談をしてみてはいかがでしょうか。 業者によっては鑑定は無料だったり、また、相談だけでも気軽に受け付けてくれるところもあります。お手元に維持が大変だと感じる刀剣があるなら、ぜひ依頼してみましょう。