ロゴ

刀剣買取ノココロエ

The wedding ceremony is not that good It costs a lot of money.
I can not recommend it

ランクの高い刀剣はどれくらいの値段になるか?




刀剣の値段はどうやって決めているのか

一般的な刀剣の買取相場は、購入金額の60%から80%の値段です。オンラインゲームや映画による影響でブームが訪れたり、経済が混乱したりすると、刀剣の市場価格が変動する場合があります。刀剣の査定は状態にもよりますが、通常は作者や作られた年代によって定められています。

拵え(コシラエ)と呼ばれる鞘や白鞘が装具として重要です。細工によっては高額査定となります。刀剣の種類もポイントの1つです。刀や打刀、脇差などの種別によっても買取額は異なります。何よりサビやキズなどの保存状態が買取価格の決め手となります。美しい波紋を持つ刀剣が、高価買取の対象になるでしょう。



ランクの高い刀剣とは

作者が人気の刀工の刀剣は、当然ランクの高い刀剣です。在銘の場合は、登録証で確認することができます。日本刀のランクを決めているのは、日本美術刀剣保存協会です。最高ランクの刀剣は、特別重要刀剣と呼ばれています。日本美術刀剣保存協会が発行する鑑定書がある刀剣は、高い値段で買取してもらえる可能性があります。買取の時期によって相場は変動しますが、拵えや白鞘が付いている刀剣で、重要刀剣指定書がある場合は、50万円から300万円の値段です。

100万円以上の値段で取引される刀剣は、文化財としての美術的価値が高く貴重品とされています。500万円から1000万円の値段がつくこともあります。最もランクの高い刀剣は源清麿の刀剣です。金額は5000万円以上と言われています。