ロゴ

刀剣買取ノココロエ

The wedding ceremony is not that good It costs a lot of money.
I can not recommend it

素人にも分かる!?価値の高い刀剣の特徴と見分け方




どんな刀剣が価値が高いのか

刀剣は1本1本に違った美しさがあり、芸術的、文化的な魅力を持っており、美術品として世界からも高い評価を受けています。そのため東京には日本刀、刀剣を扱うお店が多くなっています。では、どんな刀剣が価値が高いのでしょうか?価値を決める要素は4つあり、1つ目は製造された年代です。これは古いものほど高い価値が付きます。新しいものから現代、新新刀、新刀、古刀の順に価値が高くなります。

2つ目は刀剣をつくった刀工の位列(等級)と刀剣の業物(切れ味)です。位列は「最上作、上々作、上作、中、上作、中作」の5ランクに分かれます。業物は「最上大業物、大業物、良業物、業物」の4ランクに分かれます。3つ目は刀剣の出来不出来です。同じ刀工の作品でも出来不出来で値段が変わります。4つ目は希少性や市場価値です。例えば「剣」という種類の刀剣は現存している数が非常に少ないため、希少性が高く価値も高くなります。市場価値は、例えば映画や小説に登場すれば、人気も上がり市場価値も上がったと言えます。

刀剣と一言で言っても、刀、太刀、脇差や短刀から剣、槍まで種類は様々で、種類を問わず1本1本に違った美しさと価値があります。よって刀剣の価値も厳密には1本1本丁寧に鑑定した上でないと本当の値を付けることができません。あなたが刀剣の本当の価値を知りたいのならば、刀剣の買取を行っていて、鑑定に必要な知識と経験を持つ専門家へ査定依頼や相談することが大切です。買取業者や専門家の中にはネットやラインなどで気軽に査定、相談できるところもありますので、検討をおすすめします。